韓国LG商事、伊藤忠、加コンプライアンス:炭鉱開発事業で合弁へ

韓国最大の石炭商社、LG商事は4 日、伊藤忠商事やカナダの企業とともにカナダの炭鉱を開発する方針 を明らかにした。石炭の安定供給を確保するのが狙い。

LG商事、伊藤忠商事、カナダのコンプライアンス・エナジーの 3社は合弁会社を設立。カナダのバンクーバー島での1130万ドル(約 11億2000万円)規模の石炭事業「レーブン・コール・プロジェクト」 に参加する。石炭の埋蔵量は最大5900万トンと推定される。LGの広 報担当ムン・ジューイル氏が明らかにした。出資比率はLGと伊藤忠 がそれぞれ20%、コンプライアンスが60%。

-- Editor: Ryan Woo, Jane Lee.

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor:Masami Kakuta 記事に関する記者への問い合わせ先: Shinhye Kang in Seoul at +82-2-3702-1638 or skang24@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Amit Prakash at +65-6212-1167 or aprakash1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE