NY原油(4日):大幅続伸、中国景気対策で需要増の思惑-45.38ドル

ニューヨーク原油先物相場は大幅 続伸。5週間ぶりの高値を付けた。中国が景気対策を強化し、燃料需要 が高まるとの思惑から買いが膨らんだ。

中国の当局者は温家宝首相が新たな景気刺激策を発表すると明らか にした。これを材料に原油は一時9.9%上昇した。中国は昨年すでに 総額4兆元(約58兆円)の刺激策を発表している。米エネルギー省の 週間在庫統計で原油在庫が予想外に減少したことも買い材料。石油輸出 国機構(OPEC)の減産が在庫減の背景にある。

ストラテジック・エナジー・アンド・エコノミック・リサーチのマ イケル・リンチ社長は「非常に悪いニュースが数週間続いた後、景気に 楽観的になれる兆候が表れた。OPEC減産の影響も米国の在庫に影響 し始めている」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物4月限は前 日比3.73ドル(9%)高の1バレル=45.38ドルで終えた。一時は

45.76ドルと、1月27日以来の高値を付けた。

To contact the reporter on this story: Mark Shenk in New York at mshenk1@bloomberg.net.

To contact the editor responsible for this story: Dan Stets at dstets@bloomberg.net.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE