スウェーデンのサーブ:同業他社や投資会社が買収に関心-CEO

スウェーデンの自動車メーカー、 サーブ・オートモービルは4日、同業他社や投資会社が同社買収に関 心を示していることを明らかにした。サーブは2月に国内法の下での 会社更生を申請。新たな親会社として「長期的な責任」を負う意向を 持った買い手を模索している。

サーブのヤン・アケ・ヨンソン最高経営責任者(CEO)はジュ ネーブの自動車ショーでインタビューに応じ、「新たな親会社を非常 に積極的に探している。当社にとって最重要なのは、新しい親会社と して財務基盤の強い買い手を見つけることだ」と語った。

米ゼネラル・モーターズ(GM)が同社傘下で長年にわたり不採 算だったサーブを切り離すことを決めたため、サーブは2月末に会社 更生手続きに踏み切った。ヨンソンCEOによると、サーブはスウェ ーデン政府と金融支援について協議しており、裁判所が指名した管財 人の下での更生の期間を当初の3カ月から延長し5月末以降も継続す る可能性がある。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE