英RBS:UBSを助言役に起用、中・東欧事業の売却模索で

英ロイヤル・バンク・オブ・ スコットランド・グループ(RBS)は、中欧および東欧事業の 売却に向けてスイスの銀行UBSを助言役に起用した。計画に詳 しい関係者3人が明らかにした。中・東欧の金融機関はリセッシ ョン(景気後退)により打撃を受けている。

売却計画が公表されていないことから匿名を条件に語った 同関係者によると、RBSはルーマニアやスロバキアなどの事業 部門の売却を図る。UBSは、買い手を引き付けるために1部門 ずつ売却する可能性があるという。

RBSの広報担当ピアーズ・タウンゼント氏は、「時間を 掛けて買い手を探す。その間の事業は通常通りだ」と述べた。U BSの広報担当はコメントを避けた。

RBSは2008年の蘭ABNアムロ・ホールディングの一 部買収で東欧事業を拡大した。RBSは先月、英企業史上最悪の 赤字を発表し、海外展開先のほぼ3分の2に当たる36カ国で事 業縮小する方針を明らかにしていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE