中国株(終了):上海総合指数、4カ月で最大の上げ-景気刺激策期待

中国株式相場は上昇し、上海総 合指数が4カ月で最大の上げとなった。政府が景気てこ入れを目指し、 新たな刺激策を発表するとの観測が手掛かり。

アルミ生産大手の中国アルミ(チャルコ、601600 CH)と銅生 産大手の江西銅業(600362 CH)はそれぞれ9%と10%に近い上げ となった。国家統計局局長を務めていた李徳水氏は4日、温家宝首相 が5日開幕する全国人民代表大会(全人代)の冒頭で、新たな景気刺 激策を発表すると述べた。

SGアセット・マネジメント香港の運用担当者ウィンソン・フ ォン氏は「中国政府は、景気刺激で勢いを失わないことが重要だ」と 指摘した上で、「中国経済が景気対策に反応しているとみられるのも 頼もしい」と語った。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動 している上海総合指数は前日比126.68ポイント(6.1%)高の

2198.11で終了。上昇率は政府の4兆元規模の景気刺激策発表を受 けて7.2%上昇した昨年11月10日以来で最大だった。上海証券取 引所と深セン証券取引所の人民元建てA株に連動しているCSI300 指数は前日比6.7%高。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE