中国経済は4-6月期以降に回復へ-中央政策研究室の鄭副主任

中国共産党中央委員会の直属機関、 中央政策研究室の鄭新立副主任は4日、中国の景気が2009年1-3月 (第1四半期)に底入れし、4-6月(第2四半期)から回復に転じる との見通しを示した。

鄭副主任は全国政治協商会議(政協)で記者団に対し、中国経済の 7-9月(第3四半期)の成長率が8%となる公算があると語った。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 森 茂生 Shigeki Mori +81-3-3201-3843 smori1@bloomberg.net Editor:Eiji Toshi 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Nerys Avery at +86-10-6649-7558 or navery2@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE