英銀HSBC:自己資本比率を10%に上げる計画-アジア部門会長

英銀HSBCホールディングスのア ジア太平洋部門会長、ビンセント・チェン氏は4日、同行が自己資本比 率を10%に引き上げる計画だと述べたほか、中国国内でM&A(企業 の合併・買収)の可能性を探るなかで従業員の新規採用や店舗数の増加 を計画していると語った。

チェン氏は中国の全国政治協商会議(政協)で、「われわれは中国 での事業拡大や採用、新規出店に取り組んでいる」と述べた。

またチェン氏は「当行の現在の自己資本比率は8.3%と非常に良好 だが、アジアを中心とした新興市場での事業拡大に向け、さらに引き上 げたいと考えている」とした上で、「われわれはネットワークと融資を 拡充し、可能な時期にM&Aの機会を探るつもりだ」と説明した。

チェン氏は、交通銀行と中国平安保険への出資比率を引き下げる計 画はないと語った。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 城塚 愛也 Aiya Shirotsuka +81-3-3201-2482 ashirotsuka@bloomberg.net Editor:Keiko Kambara 記事に関する記者への問い合わせ先: Dingmin Zhang in Beijing at +86-10-6649-7576 or dzhang14@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Eugene Tang at +86-10-6649-7577 or eugenetang@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE