日銀:初の社債買い取り、1500億円-残存1年以内のA格相当

日本銀行は4日午前、社債の買い 取りを初めて通知した。年度末に向けて企業金融を支援する。買い入 れ額は1500億円。

買い入れの対象となる社債は、日銀の担保適格社債のうち格付け がA格相当以上で、今月の月末時点で残存期間が1年以内のもの。社 債の買い入れ上限額は発行体当たり500億円に設定されている。社債 の買い取りは、2月19日の金融政策決定会合で決定されたことを受け たもので、買い入れ総額の上限は1兆円に設定されている。

買い取りは、日銀が設定した下限利回りからの利回り格差(ゼ ロ%以上)が入札されるコンベンショナル方式で行われる。下限利回 りは、残存期間が6カ月以内の銘柄で0.5%、6カ月超の銘柄で0.7% となっている。

日銀は第2回の社債買い入れを4月6日、第3回を5月11日に予 定しており、実施期限は9月30日となっている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE