債券相場は小幅安スタート、米債反落受け売り先行-株続落が下支え

債券相場は小幅安(利回りは上 昇)。東京先物市場の中心限月3月物は、前日比6銭安い139円14銭で 取引を開始した。前日の米国市場では、バーナンキ米連邦準備制度理事 会(FRB)議長の発言を受けて国債増発観測が高まり、米債相場は反 落した。こうした地合いを引き継ぎ、売りが先行した。半面、日経平均 株価が続落して始まったことが債券相場の下支えとなっている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE