スイス中銀:UBSからの不良資産、08年は評価額9.96億フラン下げ

スイス国立銀行(中央銀行)は4 日、2008年通期が47億スイス・フランの赤字だったと発表した。為 替変動が投資資産の価値を押し下げた。

前年は80億スイス・フランの黒字。中銀は同国の銀行大手UBS から昨年引き取った不良資産による決算への影響はなかったとし、赤 字は「主として外貨建て投資の為替変動による損失」が理由と説明し た。

発表によると、UBSから引き取った資産の評価額は9億9600 万ドル引き下げた。この資産の受け皿として昨年10月に設立した安定 化基金の通期損益は16億9000万ドルの赤字となった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE