2月米自動車販売:GMは53%減、業界全体は1981年以来の最悪

自動車メーカーが3日発表した2 月の米自動車販売は、年率換算ベースで1981年12月以来最悪となっ た。特にゼネラル・モーターズ(GM)は前年同月比53%減と大幅な 落ち込みを記録。自動車購入を計画していた消費者もリセッション(景 気後退)の影響で買い控えているのが背景だ。

米自動車業界分析会社オートデータによると、2月の販売台数は 年率換算で910万台。前年同月の1540万台から大幅に減少した。販売 台数総計は前年同月比41%減の68万8909台だった。

自動車コンサルティング会社、CSMワールドワイドのアナリス ト、ジョー・バーカー氏は「米自動車販売は今後一段と悪化するだろ う。今四半期中に売り上げは底入れすると予想している。ただ、第2 四半期に本格的な回復を見込んでいるというものではない。第1四半 期に比べて若干の改善がみられるという程度だ」と語った。

米フォード・モーターの販売台数は前年同月比48%減、クライスラ ーは44%減少した。トヨタ自動車とホンダはそれぞれ40%と38%の減 少だった。日産自動車は37%減だった。GMは4-6月期の北米生産 計画を前年同月比34%縮小、フォードも同38%減産する。

過去10年間、自動車とトラックを合わせた自動車販売は平均で年 率1600万台で推移している。昨年は1320万台と、16年ぶり低水準を 記録した。

GMの「ハマー」は69%減

GMの乗用車とトラックの販売台数は12万6170台と、前年同月 の26万8737台から減少した。特に「ハマー」は69%減、「サーブ」 と「サターン」はそれぞれ59%と57%減少した。GMはいずれのブラ ンドも売却を模索している。

フォードの乗用車とトラック販売台数は9万9050台(前年同月 19万2178台)。特にピックアップトラックのFシリーズが低迷した。 販売台数は55%減の2万3614台だった。フォードが売却を検討してい る傘下のボルボも55%の減少。

トヨタは10万9583台。前年同月は18万2169台だった。ピック アップトラックの「タンドラ」が60%減少したほか、小型車の「ヤリ ス」も51%減と苦戦した。

ホンダと日産は7万1575台(前年同月11万5397台)と5万 4249台(前年同月8万6219台)だった。クライスラーは8万4050台 に落ち込んだ。前年同月は15万93台だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE