インド株(終了):センセックス、約3年ぶり安値-ソフトウエア安い

インド株式相場は下落。指標のセ ンセックス30種指数は3年余りで最安値となった。米保険大手アメ リカン・インターナショナル・グループ(AIG)の過去最悪の赤字を 受けて世界経済に対する投資家心理が悪化し、米国を主要な市場とす るソフトウエア輸出銘柄が売られた。

インド2位のソフトウエア輸出企業、インフォシス・テクノロジ ーズ(INFO IN)は1.8%下落。国内2位の銀行、ICICI銀行 (ICICIBC IN)も2.9%安と、4年余りで最低水準まで売り込まれ た。

ボンベイ証券取引所のセンセックス30種指数は、前日比

179.79ポイント(2.1%)安の8427.29と、2005年11月10日 以来の安値で終了した。

インフォシスは1197.60ルピー。ICICI銀は295.60ルピ ー。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE