中国人民元:ほぼ変わらず-全人代控え当局が安定目指すとの観測

中国の外国為替取引で、人民元は ドルに対してほぼ変わらず。5日に開幕する全国人民代表大会(全人 代)を前に、当局が為替の安定を目指すとの見方が広がった。

交通銀行の通貨アナリスト、劉鑫氏(香港在勤)は「景気減速 に対応するため元安が必要になっても、中国当局は元の大きな変動を 回避しようとするだろう」との見方を示した。

中国外国為替取引システム(CFETS)によると、人民元は 上海時間午後5時半(日本時間同6時半)現在、1ドル=6.8413元。 前日は6.8458元だった。中国人民銀行は、元の中心レートを6営業 日連続でほぼ同水準に設定している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE