1月の独卸売物価:前年比5.9%低下-ほぼ22年ぶりの大幅下落

ドイツ連邦統計庁(FSO)が3 日発表した1月の卸売物価指数(WPI)は、エネルギーコストの低下 を背景に、前年同月比5.9%低下とほぼ22年ぶりの大幅な下落となっ た。昨年12月は同4.2%低下に改定された。1月は、前月比では

0.4%の低下だった。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 小針章子 Akiko Kobari +81-3-3201-8879 akobari@bloomberg.net Editor:Keiko Kambara 記事に関する記者への問い合わせ先: 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Gabi Thesing at +49-69-92041-201 or gthesing@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE