今日の国内市況:TOPIXバブル後最安値、債券小幅高-ユーロ反発

東京株式相場は続落。TOPIXの 終値は、2月24日に付けたバブル経済崩壊後の最安値(730.28)を1 週間ぶりに更新した。米国の金融システム不安の深刻化や不況の長期化 などが警戒され、みずほフィナンシャルグループやキヤノン、国際石油 開発帝石など銀行、輸出株の一角、資源関連株中心に安い。ただ、政府 による株価対策期待などから、午後は急速に下げ渋った。

日経平均株価の終値は、前日比50円43銭(0.7%)安の7229円 72銭でことしの安値を更新。TOPIXは同7.79ポイント(1.1%) 安の726.80。東証業種別33指数は27業種が下落、6業種が上昇。東 証1部の騰落銘柄状況は値下がり1131、値上がり440。

日経平均は朝方一時191円安の7088円と、バブル経済崩壊後の終 値ベースの最安値(7162円、08年10月27日)を1週間ぶりに再び下 回り、取引時間中の最安値(6994円、08年10月28日)も視野に入れ た。背景は、米金融機関の経営のさらなる悪化に対する警戒感だ。4度 目となるAIGの資本注入が2日早朝に発表されたものの、米企業とし て過去最悪となる巨額赤字が判明、市場ではいくら注ぎ込んでも、事態 は良い方向に進んでいないとの不安心理が強い。

下げ止まらない米国株や金融不安の長期化などを警戒し、東京市 場では朝方から金融や電機、化学など輸出株の一角に売りが先行。需 要減少懸念から原油相場が大幅下落したことを受け、鉱業や石油・石 炭製品、大手商社株の下げも目立った。

ただ、午後から相場は急速に下げ渋り、シカゴ先物市場(CM E)の日経平均先物3月物の2日清算値7070円を一度も下回らなかっ た。

与謝野馨財務・金融・経済財政担当相は3日午前の閣議後会見で、 日本株相場について「ニューヨーク株式市場が299ドル下げた心理的 影響が日本の株価に影響している。静かに見守るが、必要以上の下げ は看過することはできないことは、日本経済のことを考えれば当然」 と警戒感を示した。

債券は小幅高、「質への逃避」買い

債券相場は小幅高(利回りは低下)。2日の米国市場で金融不安が 強まり、安全資産の債券が買われる「質への逃避」で米債相場が上昇し た地合いを継続したほか、この日に行われた10年債入札結果が順調だ ったことも買い安心感につながった。ただ、日経平均株価が一時、プラ スに転じるなど国内株価が急速に下げ渋ったことが相場の重しとなった。

東京先物市場で中心限月3月物は、前日比30銭高い139円45銭で 取引を開始した。直後に日中高値となる139円53銭まで上昇したが、 その後は上値が重くなり、午後に入ると4銭安い139円11銭に下げる 場面もあった。取引終了にかけてやや持ち直し、結局は5銭高い139円 20銭で引けた。3月物の日中売買高は2兆6555億円。

現物債市場で新発10年物の298回債利回りは、前日比2bp低い

1.275%で取引を開始した。徐々に低下幅を縮め、午後2時すぎには

0.5bp低い1.29%を付けた。2時半過ぎからは1bp低い1.285%で推移 した。

中期債は伸び悩み。朝方は、株安や「質への逃避」の買いなどが支 えとなっていたが、午後に入ると売りがやや優勢になっている。新発2 年債利回りは横ばいの0.395%。午前は0.5bp低い0.39%に低下してい た。新発5年債利回りは一時1bp高い0.73%に上昇した。

財務省がこの日実施した表面利率(クーポン)1.3%の10年利付国 債(299回債、3月発行)の入札結果では、最低落札価格が100円00 銭(最高利回り1.300%)、平均落札価格は100円3銭(平均利回り

1.296%)となった。

最低価格は、市場予想(100円00銭)と一致し、最低と平均落札 価格の差である「テール」は3銭となり、前回債の17銭から大幅に縮 小した。応札倍率は2.93倍と、前回債の2.20倍から上昇した。

この日入札された新発10年物の299回債利回りは、業者間市場に おいて1.305%で取引を開始した。その後1.295%まで買われたが、午 後3時46分時点では1.30%と、最高落札利回りと同水準で取引された。

ユーロが1週間ぶり安値から反発

東京外国為替市場では、ユーロが約1週間ぶり安値から反発した。 オーストラリア準備銀行(RBA)による予想外の政策金利据え置き を受け、対ドル、対円でオーストラリア・ドルの買い戻しが活発化し たことが影響した。今週5日には欧州中央銀行(ECB)の定例理事 会が予定されている。

ユーロは対円で一時、1ユーロ=123円76銭まで上昇。朝方には 2月24日以来の安値となる121円75銭までユーロが売られていた。

ユーロ・ドルも1ユーロ=1.2675ドルと、朝方に付けた同19日 以来の安値1.2539ドルから100ポイント以上ユーロが買い戻された。

ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト調査によれば、 ECBは5日の定例理事会で政策金利を0.5ポイント引き下げ、1.5% に設定する見通し。

RBAは3日の政策決定会合で、政策金利である翌日物オフィシ ャル・キャッシュレートを3.25%で据え置いた。政策金利が変更され なかったのは過去7カ月間で初めて。ブルームバーグ・ニュースが事 前にまとめたエコノミスト調査では、回答者18人中14人が少なくと も0.25ポイントの利下げを予想。据え置き予想は4人だけだった。

豪ドルは朝方に対ドルでは約1カ月ぶり安値となる1豪ドル=

0.62ドル台後半まで下落していたが、1月の小売売上高が予想外の増 加を示し、さらに正午すぎにRBAが据え置きを発表されると0.64ド ル台前半まで買い戻しが進行。豪ドル・円も朝方付けた安値から1円 50銭以上値を戻し、1豪ドル=62円台後半まで値を上げている。

豪ドルの反発を背景にポンドも上昇。エコノミスト調査では、イ ングランド銀行は5日の金融政策委員会(MPC)で政策金利を1% から0.5%に引き下げるとの予想が大勢を占めている。

一方、ドル・円相場は朝方に1ドル=97円ちょうどを割り込む場 面も見られたが、最近のレンジの下限付近ではドル買い意欲が強く、 豪ドル・円やユーロ・円が急速に切り返すなか、午後には97円台後半 と前日の高値付近まで値を戻した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE