ECBインフレ見通し、下方修正ならユーロ一段安-RBS山本氏

ロイヤル・バンク・オブ・スコッ トランドのヘッド・オブ・FXストラテジー・ジャパンの山本雅文氏 は、欧州中央銀行(ECB)が5日に金融政策と同時に発表する経済 予測で、ユーロ圏のインフレ見通しを引き下げた場合は、利下げ継続 観測が強まり、一段のユーロ安進行につながる可能性があるとの見方 を示した。

ブルームバーグ・ニュースがまとめた市場予想によると、ECB は今回の会合で政策金利を50ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%ポ イント)引き下げ1.5%とする見通し。ECBは同時に四半期ごとの スタッフによるユーロ圏の経済見通しを発表する。

山本氏は、ECBの3月会合以降について、市場では大幅な利下 げが予想されていないとしたうえで、「インフレ見通しが下方修正さ れた場合は、0%までの利下げを織り込む動きになってくる可能性が ある」と指摘。結果次第では、週内にもユーロが対ドルで1ユーロ=

1.23ドル程度まで下落する展開もあり得るとみている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE