米ブラックストーン:シュワルツマン会長の08年報酬は99%減

世界最大のプライベートエクイティ (PE、未公開株)投資会社、米ブラックストーン・グループがステ ィーブン・シュワルツマン会長(62)に昨年支払った報酬は給与35 万ドル(約3400万円)のみで賞与部分がなかった。同社が当局への 届け出で明らかにしたもので、2007年と比較して99%減額となった。

ブラックストーンが上場した07年にシュワルツマン会長が受け 取った報酬は1億8010万ドル。同社が米証券取引委員会(SEC) に提出した資料によると、トニー・ジェームズ社長が08年に受け取 った金額は1570万ドルで、前年比73%減だった。

レバレッジド・バイアウト(LBO、買収先の資産を担保に資金 調達する買収)の不調や世界的なリセッション(景気後退)の深刻化 などを背景に、ブラックストーンの株価は昨年70%下落。シュワルツ マン会長が1985年に創業した同社が先週発表した08年10-12月 (第4四半期)決算は8億2710万ドルの赤字だった。PEや不動産 投資の評価損計上が響いた。

*T

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE