トヨタ:新型プリウス近く米国で発売、ホンダのインサイトが強敵に

トヨタ自動車はハイブリッド車 「プリウス」の2010年モデルを近く米国市場に投入する。プリウス は世界で最も売れているハイブリッド車だが、米市場は縮小傾向にあ り、プリウスよりも価格が安いホンダのハイブリッド車「インサイ ト」も待ち構えている。

米国トヨタ自動車販売のボブ・カーター副社長は先週、カリフォ ルニア州ヨントビルでの説明会で、「需要に応じた生産」という公約 の下、09年半ばの発売から1年間で18万台という販売目標の撤回を 迫られる恐れもあると述べた。

燃料価格が昨年のピーク時の半分以下に落ち着き、自動車販売台 数が業界全体で1980年代前半以来の低水準に落ち込む状況は、2008 年に約12%減少したプリウスの販売回復を目指すトヨタの計画の先 行きに疑問を投げ掛ける。燃費が向上しても、プリウスはリセッショ ン(景気後退)にあえぐ買い手をホンダのインサイトに奪われるかも しれない。

IHSグローバル・インサイトのアナリスト、アーロン・ブラグ マン氏はインサイトについて、「燃費面でプリウスの性能の90%を 満たす車だ。大きさも価格もプリウスの90%前後だ」と指摘。 「人々は現在、購入決定に非常に慎重だ。恐らく90%の性能で十分 だろう」と指摘している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE