与謝野財務相:必要以上の株価下落看過できない-NY株下落響く(2)

与謝野馨財務・金融・経済財政担当相は3日 午前の閣議後会見で、同日午前の日経平均株価が一時バブル崩壊後の安値を下 回ったことを受け、「ニューヨーク株式市場が299ドル下げた心理的影響が日本 の株価に影響している」とした上で、「静かに見守るが、必要以上の下げは看過 することはできないことは、日本経済のことを考えれば当然のこと」と警戒感 を示した。

また、与謝野財務相は国際協力銀行のドル資金調達のため、外国為替特別 会計から緊急的な措置として融資する方針を正式に発表した。今月は50億ドル 程度を見込んでいるという。与謝野財務相は「年度末に向けて金融の円滑化に 万全を期す必要がある」とした上で、外貨資金の調達環境が厳しいことを踏ま え、臨時・異例の措置として外為特会から貸し付けると説明した。

さらに、日本政策投資銀行の金融危機対応業務の一環としての1兆円の低 利融資枠についても財政融資の弾力条項を活用し、最大1.5兆円まで貸し付け る用意があることを明らかにした。

与謝野財務相は2日に国際協力銀や政投銀の幹部に対し、企業金融支援に 全力を挙げるよう要請したことも明らかにした。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE