豪州の原料輸出:09-10年は6年ぶり減か、翌年回復へ-政府予想

オーストラリア農業資源経済局(AB ARE)は3日、同国の原料輸出額が2009-10年度(09年7月-10年 6月)に6年ぶりに減少するとの見通しを示した。世界経済の回復に伴 い10-11年度には再び増加すると予想している。豪州は鉄鉱石、石炭、 羊毛の世界最大の輸出国。

ABAREのリポートによると、同国の原料輸出額は09-10年度に 17%減少し、1620億豪ドル(約9兆9000億円)になるとみられる。08 -09年度の予想の修正値は過去最高の1960億豪ドルとなっている。

ABAREは、鉄鉱石や石炭、原油の価格下落が豪州の原料輸出額 を押し下げるとみており、豪BHPビリトンや英豪系リオ・ティントな どの鉱山会社の利益の減少につながる可能性がある。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE