米国株は近く反発の公算-英バークレイズと米シティのストラテジスト

英バークレイズは2日、米国株は5月 に反発し始める可能性があると予想。米シティグループは、米国株を今 売却するのは「時期を誤っている」可能性があると指摘した。

バークレイズの米国株担当チーフストラテジスト、バリー・ナップ 氏は米国株について、ターム物資産担保証券ローンファシリティー(T ALF)と利下げ、7870億ドル規模の景気対策の恩恵を2カ月以内に受 ける可能性があると指摘した。

シティグループのストラテジスト、トビアス・レブコビッチ氏もリ ポートで、景気見通しの改善に伴い株式相場は4-6月(第2四半期) に反発する可能性があると予想。「投資機会は豊富だ。投資家がパニック に陥っている今は特にそうだ」と指摘し、「過去の例を見ると、10年間 の株式投資リターンが悪かった場合、その後の状況は悪化するよりも改 善する可能性の方が高い」との見通しを示した。

2日のS&P500種株価指数の終値は1996年10月以来の安値を記 録。昨年1年間で38%下落した後、今年に入って22%下落している。日 米欧の同時リセッション(景気後退)が背景。ブルームバーグがまとめ たアナリスト予想によると、S&P500種採用企業の今年の減益率は 15%の見込み。昨年は14%だった。

-- Editor: Nick Baker

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor:Masami Kakuta 記事に関する記者への問い合わせ先: Lu Wang in New York at +1-212-617-2564 or lwang8@bloomberg.net. 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Nick Baker at +1-212-617-5919 or nbaker7@bloomberg.net.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE