香港株(終了):3日続落-米マイナス成長や商品下落を嫌気

香港株式相場は3営業日続落。25 年余りで最悪の米国のマイナス成長や商品下落を背景に、輸出株と資 源株が安くなった。

米ウォルマート・ストアーズに商品を納める商社のリー・アンド・ ファン(494 HK)は7.1%安。中国のアルミニウム生産大手、中国ア ルミ(チャルコ、2600 HK)と中国海洋石油(Cnooc、883 HK)は それぞれ4.1%と6.6%下げた。香港の恒生銀行(ハンセン銀行、11 HK) は3.2%下落。

AMPキャピタル・インベスターズの投資ストラテジスト、ネー ダー・ナエイミ氏は「米国の経済指標は事態が加速的に悪化している ことを裏付けた」とし、「全体的に弱いなかで銀行株に対しては下押し 圧力があり、資源株は急落している」と話した。

ハンセン指数は前週末比494.11ポイント(3.9%)安の12317.46。 下げは昨年12月12日以来で最大だった。ハンセン中国企業株(H株) 指数は前週末比4.6%安の6582.23。

リー・アンド・ファンは16香港ドル。チャルコは3.55香港 ドル。Cnoocは6.35香港ドル。減益を発表した恒生銀は84.25 香港ドル。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE