麻生首相:定額給付金の受け取りを表明-消費の刺激に充てたい(2)

麻生太郎首相は2日夕、総額2兆円規 模の定額給付金について「受け取ります。直ちに使って消費刺激に充 てることにしたい」との考えを表明した。具体的な使途については夫人 と相談するという。首相官邸で記者団に語った。

高額所得者の受け取りは「さもしい」とした昨年12月の自らの発言 との整合性については、発言当時と比べて「生活給付という部分がか なり減ってきて比重が消費刺激の方が高くなった」と指摘。その上で 「消費刺激という意味であれば、わたしもそれを何らかの形で、地元で 消費に充てるということに参加するということだ」と釈明した。

給付金は1人1万2000円だが、2月1日現在で18歳以下の若者 や子どもと65歳以上の高齢者には8000円をそれぞれ加算する。首 相は1940年9月20日生まれの68歳で、計2万円を受け取ることに なる。

定額給付金に関し、首相は昨年12月15日の参院決算委員会で は「多額に収入をもらっている方でも『1万2000円ちょうだい』と言う方 はさもしい」と発言。その後、年明け1月6日には「ぜひ皆さん方には使 ってほしいと思っている。わたし自身がどうするかは、まだ判断している 段階ではないので、その時になって考えたい」と述べ、自らも受け取る 可能性があることを明らかにしていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE