ロンドン外為:ユーロ、対ドル1週ぶり安値-EUが東欧救済を拒否

ロンドン時間2日朝の外国為替取引 では、ユーロがドルに対し1週間ぶり安値。欧州連合(EU)が東欧諸 国救済を拒否したことを受けて欧州のリセッション(景気後退)悪化懸 念が強まった。

EU首脳は1日の会合で、ハンガリーが提案した1800億ユーロ(約 22兆円)規模の東欧救済パッケージを拒否した。アジア株の下落もド ルへの資金逃避を促し、ドル指数は2年半ぶりの高水準となった。

ロンドン時間午前7時40分(日本時間午後4時40分)現在は1ユ ーロ=1.2579ドルとニューヨーク2月27日遅くの1.2669ドルに比べ 下落。一時は1.2546ドルと2月19日以来のユーロ安に振れた。対円で も1ユーロ=122円87銭(前週末は123円61銭)に下落。

ドル指数は2006年4月以来の高水準となる88.822を付けた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE