りそな信託:ドイツ証券の下出氏を採用-信託営業、株式運用強化(2)

りそなホールディングス傘下のりそ な信託銀行は、ドイツ証券出身のストラテジスト下出衛氏(50)を採用 した。信託営業を強化する一環で、下出氏はストラテジストとして株式 市場の調査・分析に当たる。

ブルームバーグ・ニュースの電話インタビューに対して下出氏は2 日、「りそな信託アセットマネジメント部にエクイティチーフストラテ ジストとして1日付で入社した」と述べた。りそな信託はりそな銀行と 4月1日付で合併、合併新会社りそな銀行は年金受託や信託ビジネス、 株式運用を強化していく方針を示している。

りそな信託には黒瀬浩一氏がチーフストラテジストとしているが、 下出氏の入社後も黒瀬氏のポジションは変わらない。

下出氏は97年から2005年末までドイツ証に在籍した。その後りそ な銀に移り再び2007年秋にドイツ証に移籍していた。いずれもストラテ ジストとして活躍してドイツ証は2月末で退社、再度りそなグループに 移ることになる。ドイツ証は、モルガン・スタンレー証券の神山直樹株 式ストラテジストを採用する予定がすでに明らかになっている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE