香港株(午前):下落、米GDPの大幅減少や商品相場の下げを嫌気

午前の香港株式相場は3営業日続 落。輸出関連株や素材株が下げを主導している。2008年10-12月 (第4四半期)の米国内総生産(GDP)が過去25年余りで最大の マイナス成長だったことや、商品相場の下げを嫌気した。

ハンセン指数は香港時間午後零時半(日本時間同1時半)現在、 前週末比3.8%安の12321.04。ハンセン中国企業株(H株)指数は同

4.7%安の6576.59。

米ウォルマート・ストアーズやターゲットに玩具や衣料を納入す るリー・アンド・ファン(494 HK)は6.2%安。中国アルミ(チャル コ、2600 HK)は6%、中国海洋石油(Cnooc、883 HK)は

5.9%それぞれ下落した。ハンセン銀行(11 HK)は4.4%下げた。

HSBCホールディングス(5 HK)は、増資観測が広がるなかで 取引停止となっている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE