債券は下落、あすの10年入札に向けた売りや益出し-CTAも(終了)

債券相場は下落(利回りは上昇)。 前週末の米国株続落を受けて、日経平均株価が反落して始まったこと から、朝方は買いが先行した。しかし、その後はあすの10年国債入 札に向けたヘッジ売りや、中期債などに3月決算期末対策の益出し売 りが出たことなどで相場は下落に転じた。新発10年債利回りは一時、 2営業日ぶりに1.3%台に乗せた。

トヨタアセットマネジメントの深代潤チーフファンドマネジャー は、「中期債が安くなっており、株安に伴う益出し売りが出たよう だ」と説明した。10年債入札については、「金利水準に警戒感はある が、取引業者の持ち高調整などの準備は進んだ。償還が前回債より3 カ月延びるので、無難な結果となる」との見方を示した。

東京先物市場の中心限月3月物は、前週末比8銭高い139円58 銭で取引を開始し、10時半前後には18銭高い139円68銭まで上昇 した。その後は、午前の終了にかけて伸び悩み、午後に入ると下落し て、一時は139円2銭まで下げた。結局は35銭安い139円15銭で終 了した。3月物の日中売買高は2兆7240億円。

午後に先物主導で相場が大きく崩れた要因として、市場ではチャ ート分析を重視するCTA(商品投資顧問)など海外投資家の売りも指 摘された。大和証券SMBCシニアJGBストラテジストの小野木啓子 氏は、「現物債の売買高は大きくなく、CTAなど海外勢による先物主 導で下落した」と説明した。また、先物限月交代の接近に伴い、3月物 から期先物への乗り換えが進み、結果的に3月物が大きく売られたとの 見方も出ていた。

朝方の債券市場では、前週末の米国株安を受けた日経平均の大幅 下落が買い材料となっていた。日経平均は288円27銭安い7280円 15銭で取引を終えた。

もっとも、株価が午後に入り、300円を超す下げとなると、3月 決算対策の益出し売りも出たもよう。国内金融機関が主要な投資家層 となっている5年などの中期債には、株安が進むと益出しの売りが出 やすい。RBS証券の市川達夫シニアストラテジストは、「株安は債 券相場の支援材料になっている半面、益出し売りの要因にもなる」と 話していた。

新発10年債利回りは1.30%まで上昇

現物債市場で新発10年物の298回債利回りは、前週末の終値と 同水準の1.27%で取引を開始した。午前は1.265-1.27%と横ばい 圏で推移したが、午前の終了間際に水準をやや切り上げ、午後に入る とさらに上昇して、2時半過ぎからは3bp高い1.30%と2営業日ぶ りに1.3%台に乗せた。その後は1.295%で取引されている。

5年債が午後に安くなった。新発5年物の80回債利回りは、朝 方は小幅に低下していたが、午後に入ると決算対策の売りなどで利回 りは切り上がり、2.5bp高い0.72%まで上昇した。

また、5日に30年債入札を控えている超長期債も持ち高調整の 売りなどで安い。新発30年物の29回債利回りは一時2bp高い

1.975%に上昇した。新発20年債利回りは1.5bp高い1.915%で推 移している。

あす10年入札、クーポン1.3%で無難か

財務省は3日に10年利付国債(3月債)の価格競争入札を実施 する。前回入札の298回債利回りは1.30%付近で取引されている。 このため、今回の新発債の表面利率(クーポン)は、前回債と同じ

1.3%となる見通し。発行額は前回債と同額の1兆9000億程度。

岡三証券の坂東明継シニアエコノミストは、「午後に入り、あす の10年債入札に向けたヘッジ売りなどが出た。新発10年債利回りを

1.3%に近づけておきたいという気持ちもある」と指摘した。

もっとも、今回の入札は、金利先高観の乏しい中で、クーポンが

1.3%に据え置かれれば、水準感からの買いが期待できるため、無難 な結果が予想されている。UBS証券の道家映二チーフストラテジス トは、「新しい回号になるので、益出しニーズが強い銀行などはディ ーリング目的で購入するのではないか。今月は利付国債の償還が多く、 日銀の追加緩和期待も根強い」という。

--共同取材:池田祐美、宋泰允 Editor:Tetsuzo Ushiroyama, Norihiko Kosaka

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 山中英典 Hidenori Yamanaka +81-3-3201-8347 h.y@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net Nicholas Reynolds +81-3-3201-8676 nreynolds2@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE