中国株(午前):総じて上昇、温首相の発言で-上海総合指数は下落

2日午前の中国株式市場では、セメン トメーカーや機械メーカーを中心に総じて上昇。温家宝首相が、政府の 公共投資を受けて中国経済が回復の兆しを見せているとの認識を明らか にしたことが手掛かりとなった。主要な株価指数のうち、CSI300指 数は小幅高、上海総合指数は小幅安となっている。

セメント生産大手の安徽海螺水泥(アンホイ・コンチ・セメント、 600585 CH)と唐山冀東水泥(000401 CH)は6%を超える上昇。建 設機械大手の長沙中聯重工科技発展(000157 CH)は6.3%値上がりし ている。

上海証券取引所と深セン証券取引所の人民元建てA株に連動してい るCSI300指数は現地時間午前11時半(日本時間午後零時半)現在、 前週末比0.2%高の2144.66。上海証取のA株と外貨建てB株の双方に 連動している上海総合指数は同0.4%安の2074.08。総額4兆元(約 57兆円)規模の政府の景気対策が世界的なリセッション(景気後退)か ら同国経済を守ることにつながるとの観測を背景に、年初来では13%上 昇している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE