日本政府:「衛星打ち上げ」でも安保理決議違反-北朝鮮をけん制(2)

日本政府は、北朝鮮が「人工衛星」の打ち上 げを準備していると発表していることについて、仮に発射された場合は北朝 鮮に弾道ミサイルの打ち上げを禁じた国連安全保障理事会決議1718号 (2006年10月)に違反するとの見解を示した。同様の認識をすでに公表し ている米韓両政府と歩調を合わせたもので、北朝鮮に自制を促す狙いがあ る。

この見解は中曽根弘文外相が中国を訪問中の1日、記者団に明らかにし た。麻生太郎首相も2日昼、首相官邸で記者団に対し、自らも中曽根氏の発 言に同意する考えを示した上で、北朝鮮が実際に「人口衛星」の打ち上げに 踏み切った場合の対応について「どういう形になるにせよ、基本的には安保 理で討議されることになる」と述べた。日本は今年1月1日から安保理の非常 任理事国になっている。

1日付でフジテレビがウエブサイトなどで公開したニュース映像によると、 中曽根外相は「仮に人工衛星だというような北朝鮮の説明があったとしても、 明らかに安保理決議違反である、と自制を強く北朝鮮に求めていく」と語って いた。

北朝鮮は2月24日、国営朝鮮中央通信(KCNA)を通じ、通信衛星発 射の準備をしていると朝鮮宇宙空間技術委員会のスポークスマンの話として 伝えている。

防衛研究所の武貞秀士統括研究官は、中曽根外相の発言について「北 朝鮮がどのような物体を発射するのも国連安保理決議違反であることは明確 だ。米国も韓国もこのことについては確認しており、突出したものではない。 反対に、決議に反していない、と日本が言及したらそれこそ大問題だ」と話し ている。

-共同通信:Heejin Koo:Editor:Hitoshi Sugimoto, Kenshiro Okimoto

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 広川高史 Takashi Hirokawa +81-3-3201-8641 thirokawa@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net 東京 Bill Austin +81-3-3201-8952 billaustin@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE