バークレイズの森田氏:期末で投資家はリスク取りにくい-債券市場

バークレイズ・キャピタル証券 チーフストラテジスト、森田長太郎氏は2日、ブルームバーグ テレ ビ ジョンとのインタビューで、債券相場の見通しなどについて、以 下のようにコメントした。

債券相場の見通し:

「前週末に米国債は10年債利回りで3%の大台に乗せて終った。 米株価は11月安値を切っている。市場としては、次の展開をどう考 えるかという局面にきている。先週を見ても、日本国債の金利レンジ でみれば方向感は出ていない」

「基本的には3月決算期末が近づいてきているので、投資家もリ スクを取りにくい状況がある。景気が悪いことは週末のいろいろな指 標で明らかだが、リスクを取れないという意味で長期債の金利低下に はつながりにくい」

「今週は10年債入札、30年債入札があり、長期ゾーンの供給が テーマになってくる。入札には、強い期待というよりは、若干の警戒 が出るのではないか。ただ、方向感が出るには、まだ経済の状況が不 透明で株価の水準も低迷している。金利上昇という方向には明確に行 きにくい」

「米国では、供給管理協会(ISM)製造業景況指数が1月は改 善して反転したが、2月は一般的には反落予想。景気は底に近づいて いるが、明確な動きにはなっていないという評価になる。米国は、景 気そのものより金融システムに関心が向いている状況なので、経済指 標だけでは単純には動かない相場だと思う」

今週の予想レンジ:

「新発10年債利回りで1.24%-1.35%程度のレンジで動くと 思う。最近は、日本国債以外にスワップ・スプレッド(格差)との関 連もあり、日本国債より周辺の市場がどういうふうにトレンドが出て くるかが注目される」

--共同取材:曽宮一恵 Editor:Hidenori Yamanaka, Tetsuzo Ushiroyama

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ 東京 池田祐美 Yumi Ikeda +81-3-3201-2490 yikeda4@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net Nicholas Reynolds +81-3-3201-8676 nreynolds2@bloomberg.net

日本に関するニュ-ス: NI JAPAN NI ASIA 債券に関するニュ-ス: NI GBN NI BON NI JPB NI ASB NI 9751

NI 9701 NI KINRI NI ABONDS 金融市場のニュース : NI JMALL NI JBN NI FRX NI JFRX

NI KABU NI KINRI 全ストーリー : NI JNEWS マーケットニュース : NI JHEAD マーケットサマリー : NI JMKT 全日本語ニュース : NI JPALL トップストーリー : NI TOP NI TOPJ NI MMK NI VOICES

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE