スイスの農薬大手シンジェンタ、米ダウ・アグロサイエンス買収に関心

農薬世界最大手のスイスのシンジェ ンタは、米化学大手ダウ・ケミカルが傘下の農業化学製品メーカー、ダ ウ・アグロサイエンスを売却する場合、買収に関心があることを明らか にした。

シンジェンタの広報担当、メダルト・シェーンメッケルス氏は電話 取材で「同事業が売却対象であるとは正式に確認していない」と述べる 一方、確認できた場合は「もちろん関心を持って検討する好機となるだ ろう」と言明した。

アナリストによれば、ダウ・ケミカルは特殊化学品メーカーの米ロ ーム・アンド・ハースの買収資金154億ドル(約1兆5000億円)の調 達を模索するなか、ダウ・アグロサイエンスを売却する可能性がある。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 城塚 愛也 Aiya Shirotsuka +81-3-3201-2482 ashirotsuka@bloomberg.net Editor:Keiko Kambara 記事に関する記者への問い合わせ先: Paul Verschuur in Zurich +41-44-224-4103 or pverschuur@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: David Merritt at +44-20-7673-2639 or dmerritt1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE