トヨタ:09年度の世界生産620万台、取引先に目安提示-12%減(3)

自動車販売で世界1位のトヨタ自動 車は、2009年度のトヨタ単体の世界生産台数の目安として620万台を 国内外の取引先メーカーに伝えた。トヨタ広報部の加賀悠太氏が2日、 ブルームバーグニュースに対し明らかにした。08年度の生産見通しに 対しては12%下回る水準で、部品メーカーの業績に与える影響も大き いと指摘するアナリストもいる。

今回示した生産台数は、部品メーカーが経営の目安とするための 「ガイドラインとして示した」(加賀氏)もので、「09年度の販売、 生産計画についてはしかるべき時に公表する方向で検討している」 (同)としている。

アルフェックス・インベスメンツの高松一郎チーフ・インベスト・ オフィサー(CIO)は、「数字は妥当なものだと思う。今期よりは下 げ幅は当然マイルドになると思う。アメリカも財政出動などあるが、持 続的不況脱出にはならないだろう」とみている。

一方、クレディ・スイス証券の岩井徹リサーチアナリストは2日付 のリポートで「主要部品会社が独自に想定していた650万台程度を大 きく下回る水準」としたうえで、「トヨタの生産台数30万台変動に対 する営業利益への影響度はデンソーで300億円程度、アイシン精機で 200億円程度と推察している」とコメントしている。

トヨタは今年度の単体ベースの世界生産台数見通しを708万台と している。今回示した目安の台数はこの見通しを12%下回る水準とな る。また過去最高の生産台数となった07年度実績(868万8000台) に対しては250万台近い減少。さらにトヨタの渡辺捷昭社長は昨年末 の会見で単体の世界販売台数が「700万台になったとしても利益を確保 できる企業体質への変換」を打ち出したが、これをも大きく下回る規模 となる。

トヨタの株価は前週末比90円(2.8%)安の3090円(午後1時 13分現在)。

--共同取材:長谷川 敏郎 Editor:Hideki Asai、Kenzo Taniai

参考画面: 記事についての記者への問い合わせ先: 東京 小松 哲也 Tetsuya Komatsu +81-3-3201-3370 tekomatsu@bloomberg.net

藤村奈央子 Naoko Fujimura +81-3-3201-7551 nfujimura@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先:

大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net

Bret Okeson +81-3-3201-8335 bokeson@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE