EU首脳会議:金融機関の不良資産対応策で合意-指針を尊重

フランスのサルコジ大統領は1日、 欧州連合(EU)首脳会議後の記者会見で、EU各国首脳は欧州の金 融機関にのしかかる不良資産への対応策で合意に達したことを明らか にした。

サルコジ大統領は、金融機関の状態は「統制が取れている」と指 摘。欧州の金融システムを支援する計画は「依然、機能しており、あ らゆる課題に立ち向かうことを可能にした」と述べた。

会議後に発表されたEU各国首脳の声明によれば、各国は欧州委 員会が先週打ち出した「指針と一致した行動を取る」とともに、その 際「競争ルールを十分に尊重する」ことで合意した。欧州委の指針は 各国政府に対し、不良資産への対応策として、資産買い取り機構であ る「バッドバンク」や損失保証制度、国有化など幾つかの選択肢を提 示している。

ただ、サルコジ大統領は、今回の合意は「非常に柔軟」なものだ と強調。フランスの金融機関に関しては「率直に言って使いたい手段 ではない」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE