ASEAN首脳会議:成長押し上げに積極的で断固たる措置必要

タイで開催された東南アジア諸国連合(A SEAN)首脳会議は1日、市場の信頼回復と地域の経済成長押し上げに向け て積極的で断固たる措置を取る必要があるとの点で意見が一致した。

同会議は声明で、景気減速の中で需要を拡大するために各国が保護主義的 措置に抵抗する必要があると言明した。

同声明はまた、域内の経済のファンダメンタルズ(基礎的条件)が依然と して健全であるものの、世界的なリセッションに伴って金融市場でのリスク回 避が「地域の経済成長の深刻な下振れリスクとなっている」との認識を示した。

域内の中央銀行は成長鈍化の中で利下げを実施しており、マレーシア中央 銀行は2月24日、政策金利を0.5ポイント引き下げ、2%に設定。タイ中央 銀行も25日に政策金利を0.5ポイント引き下げて1.5%とした。

タイのコーン財務相は28日、ブルームバーグ・ニュースとのインタビュ ーで、同国がリセッション(景気後退)に直面する中で、タイ中銀が今年追加 利下げを実施するだろうと語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE