英HSBCは最高1兆6800億円の増資の可能性-株主割当を検討

英大手銀行HSBCホールディングスは米 不良債権で収益が悪化する中で、資本増強を目的に、最高120億ポンド(約1 兆6800億円)の増資を行う可能性がある。事情に詳しい関係者2人が1日、 明らかにした。

関係者は条件が確定していないことを理由に匿名で、HSBCが株主割当 増資を検討すると語った。2月28日付の英紙フィナンシャル・ タイムズは、 増資の引き受けでゴールドマン・サックスとJPモルガン・カザノブが起用さ れたと伝えた。

BGCパートナーズのシニアストラテジスト、ハワード・ウィールドン氏 は、「HSBCは現在の損失への懸念から資本を調達するのではない。将来を 見越して、今の危機が過ぎた後で、非常に強力な位置を占めようとしている」 との見方を示した。

HSBC広報担当リチャード・リンジー氏は増資計画についてコメントし てない。FTは3月2日の決算発表の際に、増資が公表されるだろうと伝えた。

HSBCはロンドン時間2日午前8時半(日本時間同日午後5時半)に決 算を発表する予定。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE