最も読まれた日本語記事(前週)-首位「SFCG:民事再生手続き」

前週(2月22-28日)に最も読まれたブ ルームバーグ・ニュースの日本語記事上位10本は次の通り。(JREAD画面に 基づき3月1日午後3時半現在で集計、番号をクリックすると記事が表示さ れます)。

1.SFCG:民事再生手続き、負債総額3380億円-不動産市況悪化で 2.ゴールドマン:日本株調査部門で追加削減、株価低迷-塩原氏退職 3.米シティ:連邦当局と協議中、政府出資率引き上げも-WSJ 4.ドイツ銀、クオンツ取引チームが離職-NYでヘッジファンドを創立へ 5.野村HD:20年ぶり新株発行3000億円-リーマン買収後調達相次ぐ 6.英RBSが事業2分割へ-1300億円の経費削減目指す-関係者 7.米国株:続落、S&P500種は97年以来の安値-銀行株は高い 8.米メリル:日本企業の調査業務拡大、ライバル縮小の中でも「重視」 9.ドイツ証券:大木アナリストが退社-ノンバンク部門カバー取りやめ 10.メリル日本:中嶋元調査部長が退社へ、月内にも-長手氏が調査部

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE