マツダ:4月から減産緩和、在庫調整進み操業日数引き上げへ-共同

共同通信は28日、マツダが国内工 場での自動車減産を緩和し、操業日数を増やす方針を固めたと報じた。

昨年11月からの減産で在庫の調整が進展し、同社の4-6月期の国 内生産台数は月4万-5万台程度になる見込みだと伝えている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE