フィラデルフィア連銀総裁:FRB保有MBSなどは国債とスワップを

米フィラデルフィア連銀のプロッ サー総裁は27日、米連邦準備制度理事会(FRB)がバランスシート 上に抱える流動性の低い資産を米国債とスワップする必要があるかもし れないと述べ、それによって景気回復時には利上げが容易になるとの見 解を示した。

プロッサー総裁はこの日、ニューヨークでエコノミストや中央銀 行当局者向けに講演し、FRBは国債や窓口貸し出し以外の資産を米国 債とスワップすることに関して米財務省に合意を求めるよう提言した。 これにより、FRBは売却容易な証券を保有することになり、金融引き 締めの際にも行動しやすくなる。

バーナンキFRB議長は過去1年間にわたり金融機関支援と信用 市場の再生を目指した緊急貸出制度を実施しており、FRBの資産は1 兆ドル増加した。

プロッサー総裁は講演で、FRBが買い取っている住宅ローン担 保証券(MBS)などの期間の長い資産は「市場が脆弱(ぜいじゃく) だと見られたり、特定の利益団体による強い反発が生じたりすると、長 期的には売却困難となる恐れがあり、物価安定という当局の長期的目標 が大きなダメージを受ける可能性がある」との見解を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE