カナダ・ドル(27日):1カ月ぶり安値-リスク回避姿勢強まる

27日の外国為替市場では、カナ ダ・ドルが1カ月ぶりの安値に下落した。米ドルが大方の主要通貨に 対して上昇したことや、カナダ政府が発表した昨年10-12月(第4 四半期)の経常収支が約10年ぶりの赤字となったことが背景にある。

デジャルダン・グループのシニアエコノミスト、マルタン・ルフ ェーブル氏は「リスク回避で米ドルが有望視された上、カナダ経済の 見通しが急激に悪化したため、カナダ・ドルの先行きは良くない」と 指摘。「目先は弱い状態が続き」、1米ドル=1.30カナダ・ドルを 「試す」展開を予想した。

カナダ・ドルはトロント時間午後4時40分(日本時間28日午前 6時40分)現在、前日比1.6%安の1米ドル=1.2745カナダ・ドル (1カナダ・ドル=0.7846米ドル)。26日は1.2536カナダ・ドル だった。過去5営業日では1.8%下落し、週間ベースで3週連続の下 落となった。

カナダ国債市場では、2年物国債(表面利率2.75%、2010年12 月償還)の利回りは7ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低 下の1.16%。価格は8セント上昇し102.76カナダ・ドル。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE