NY金(27日):5日続落、代替需要が減退-終値942.50ドル

ニューヨーク金先物相場は5日続 落。週間ベースでは3週間ぶりに下げに転じた。ドルが2006年4月以 来の高値を付けたことを受け、代替投資としての貴金属需要が弱まった ことが背景。

米財務省がシティグループに対する3回目の救済策で合意したこと で、信用危機と景気後退が一段と深刻化するとの懸念が広がり、逃避先 としてのドル需要が強まった。主要6通貨に対するインターコンチネン タル取引所(ICE)のドル指数はほぼ3年ぶりの高値を付けた。株価 は3日連続で下げ、CRB商品先物指数も一時1.9%下落した。

ヘリテージ・ウェスト・フューチャーズ(サンディエゴ)の先物ア ナリスト、ラルフ・プレストン氏は「安全資産という点で、ドルに対す る需要は金に対する需要を上回っている。金はドルに対抗する通貨に変 わりつつある。市場では何が安全資産となるかが焦点となっている」と 語った。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物 相場4月限は前日比10セント安の1オンス=942.50ドルで終了し、 2月6日以来で初めて前週比安く週を終えた。週間ベースでは6%下げ、 昨年12月5日以降で最大の下げ率となった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE