サンフランシスコ連銀総裁:FOMCへの信認でインフレ期待安定

サンフランシスコ連銀のイエレン 総裁は27日、連邦公開市場委員会(FOMC)はインフレ抑制に努め ているとの信認が消費者によるインフレ期待の安定化につながったとの 見解を述べた。

イエレン総裁はニューヨークでエコミストや金融当局関係者を対 象に講演し、ディスインフレ(インフレ率低下)の兆候が示されている が、FOMCがインフレを注視することで、インフレ期待の変動を抑え ているとの見解を述べた。

FOMCは先週、長期的なインフレ予測値を2%と発表したが、 同総裁はこの予測値が「インフレ期待を2%程度で抑える」一助になる だろうと指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE