2月の独消費者物価指数:前年比1%上昇、市場予想上回る(2)

ドイツ連邦統計庁が27日発表し た2月の同国の消費者物価指数(速報値)は、欧州連合(EU)基準 で前年同月比1%上昇となった。パッケージ旅行などの値上がりを背 景に、市場予想に反してインフレ率は1月の0.9%から上昇した。

ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト調査では、2 月の数値は0.7%上昇(17人の中央値)が予想されていた。前月比で は0.7%上昇した。

ウニクレディット・グループのエコノミスト、アレクサンダー・ コッホ氏(ミュンヘン在勤)は「2月のインフレ率上昇は、下落傾向 が終わったことを決して示すものではない」と述べた。さらに「石油 が年央まで低価格で推移したならば、エネルギー項目だけで消費者物 価上昇率を約1ポイント押し下げるだろう。これで総合インフレ率が 年半ばまでにゼロ近くどころか下回る可能性がある」との見方を示し た。

ウェーバー独連銀総裁は今月、ドイツのインフレ率は年央に向か ってマイナスに落ち込む恐れがあると述べていた。欧州中央銀行(E CB)は既に、3月5日の政策委員会で政策金利を過去最低水準まで 引き下げることを示唆している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE