非正規労働者の失職は15万7806人、1月から26%増-厚労省調べ

急速な景気悪化を受けて雇用情勢が 一段と厳しさを増すなか、昨年10月から今年3月までに職を失ったか、 失う予定の人が全国で15万7806人に上ることが厚生労働省の調べで分 かった。

同省が27日発表した2月の「非正規労働者の雇い止め等の状況」に 関する調査は、派遣や請負契約の期間満了および中途解除、さらには有 期契約の非正規労働者の期間満了・解雇などで同期間に失職したか、失 職する予定の人を18日現在で集計した。1月時点の12万4802人から

26.4%増えた。

就業別形態の対象人数でみると、「派遣」が10万7375人(構成比

68.0%)、「契約(期間工等)」が2万8877人(18.3%)、「請負」が1万 2988人(8.2%)、「その他」が8566人(5.4%)。調査は全国の労働局や ハローワークを通じて実施した。

--共同取材 Toru Fujioka Editor:Hitoshi Ozawa、Masaru Aoki

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 亀山律子 Ritsuko Kameyama +81-3-3201-7441 rkameyama@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net 東京 David Tweed +81-3-3201-2494 dtweed@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE