韓国の不良債権買い取り機関KAMCO、円建て債発行も-李CEO

不良債権買い取り機関の韓国資産 管理公社(KAMCO)が、政府保証付きの円建て債を発行する公算 が大きい。李哲徽(イ・チョルフィ)CEO(55)が26日、ソウル でのインタビューで明らかにした。発行を検討している債券の規模に ついては、コメントを控えた。

李CEOは欧米での資金調達の公算が小さい理由について、信用 危機が両地域に与えた「打撃があまりに大きい」点を指摘した。KA MCOはまた、韓国政府から3兆ウォン(約1920億円)の資本を調 達することで交渉中だという。

同CEOはまた、不良債権買い取り時の支払額が1997-98年の アジア危機時を上回っている一方、金融機関支援策の一環で、KAM COが20兆ウォン規模の企業再生基金を設立する予定も明らかにし た。

李CEOによると、昨年11月以降の不良債権買い取り額は額面 1ドルに対し50セント余りと、111兆ウォン規模の債権を取得したア ジア危機時の35セントを上回る。同CEOは「当時のわれわれの役 目が葬儀屋だったとすれば、現在は医者だ。10年前ほどの不良債権化 は進んでいないため、高く買い取らねばならない」と語った。

*T

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE