「農場を買って恋人と働こう」、戦争を警戒-著名投資家ファーバー氏

著名投資家マーク・ファーバー氏 は27日午後、東京都内で開かれたCLSA主催の投資家フォーラムで、 「農場を買って、ガールフレンドを農場で働かせよう」と指摘、投資家 らに金融の世界から早急に引退すべきだと勧告し、会場を沸かせた。

ファーバー氏は、今回の世界的なクレジット危機は非常に深刻だと 強調、「過去25年間にわたってパラダイスを享受してきた金融セクタ ーはまさに崩壊し、今後縮小の一途をたどる」と述べた。

同氏は、講演参加者からの質問に応じる形で忍び寄る戦争の恐怖を 予見、「大恐慌の終結はいつも戦争だった。世界経済が早期に回復しな い限り、戦争を知らない世代が戦争を行う可能性が高い」とした。どこ で紛争が起こるかとの質問者の問いには、「水道水に毒物などを混入し たり、生物テロ兵器を散布したりするようなダーティー・ウォー(汚い 戦争)になる」と指摘、人々の集まる都市部は避け、「爆弾さえ落ちな いようなアジアの辺境に農場を買おう」と呼び掛けた。

半ば冗談めかしてファーバー氏がアイデアを披露したのは、1997 年のアジア危機の過程においても、タイやマレーシアの農村部では人々 が貧しいながらも生き生きと生活していたことを目の当たりにしたため。 今回の金融証券市場のバブル崩壊を受けても、「実のあるゴールド (金)ならば、一定の価値を残せる」とした。

デフレを警戒すべきではないか、との質問者に対しては「米国の医 療コストや教育コストは下がらない。地方の財政もひっ迫しており、今 後は地方税も上がる」と回答、2009年下半期以降はインフレこそ警戒 すべきとした。その上でファーバー氏は、「米債は絶対に買わない」と 明言、手元資産のある企業が発行する一部の社債ならば長期タームで保 有できるとした。

日本円に対しては、直近の円高・ドル安で割高になったとして「短 期的には売り」だと推奨、約30年ぶりの低水準まで調整した日本株に ついては「向こう1年、世界をアウトパフォームするだろう」と話した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE