NY銅先物:2週間ぶり高値、財政出動に伴う需要回復観測広がる

26日のニューヨーク銅先物相場 は一時、約2週間ぶりの高値を付けた。米国や中国の財政出動で金属需 要が回復するとの見方が広がった。

商品取引会社トラフィグラ・ビヒールによると、世界最大の銅消費 国である中国は景気刺激策で消費が維持されるなかで、今年の銅精製品 の輸入が37%増える可能性がある。オバマ米大統領が提出した予算教 書では、金融支援として新たに最大7500億ドルが盛り込まれた。投資 家の楽観的見方が再び高まるなか、銅相場は今週10%上昇している。

T&Kフューチャーズ・アンド・オプションズ(フロリダ州)のマ イケル・スミス社長は「政府がインフラや刺激策に追加資金を投じるな かで、それが銅相場の支援材料になるだろう」と語り、「金属の見通し について市場の見方が改善しているようだ」と指摘した。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のCOMEX部門の銅先物 相場5月限終値は4日続伸し、前日比4.2セント(2.7%)高の1ポン ド当たり1.579ドル。一時は1.605ドルと、中心限月の取引としては 10日以来の高値を付けた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE