欧州株:ダウ指数、6年ぶり安値から反発-銀行資産保証策など好感

欧州株式相場は今週に入って初 めて上昇。600銘柄から成るダウ欧州株価指数は6年ぶり安値から反 発した。スイスのUBSの最高経営責任者(CEO)が交代したのに 加え、英政府が銀行資産に対する保証を拡大したことが好感された。

16%上昇したUBSは、信頼回復を目指して前クレディ・スイ ス・グループ最高経営責任者(CEO)のオズワルド・グルーベル氏 をCEOに指名した。

英銀ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド・グループ(RB S)は26%急伸。同行は、英政府の新プログラムによって3250億ポ ンド(約45兆円)相当の資産に保証を付けるとともに、残りの資産 の20%を処分すると発表した。

クラリデン・ルー(チューリヒ)のファンドマネジャー、トーマ ス・シューデル氏は「市場関係者は銀行が体力を回復すると自信を深 めている。安堵(あんど)感から上昇するだろう」と語った。

ダウ欧州株価指数は前日比2.2%高の176.14。前日終値は2003 年3月以来の安値だった。米IBMが通年利益見通しを据え置いたこ とを好感し、同指数は上げ幅を拡大した。

ただ、アングロ・アメリカンからサンゴバンに至る広範な企業が リセッション(景気後退)深刻化を予想していることなどを受け、ダ ウ欧州株価指数は年初来では11%安となっている。

26日の西欧市場では、アイルランドを除く17市場で主要株価指 数が上昇した。ダウ・ユーロ50種株価指数は前日比2.8%高、ダウ 欧州50種株価指数は2.4%上げた。

オランダの金融会社、INGグループは20%上昇。過去8営業 日で同社の時価総額は42%目減りしたが、ヤン・ホーメン最高経営 責任者(CEO)は株価が同社の力強さを反映していないとの見方を 示した。ドイツの保険会社、アリアンツは12%高だった。

英独仏の株式指標

英国FT100指数は前日比66.66ポイント(1.7%)高の3915.64。 FTオールシェア指数は32.37ポイント(1.7%)上げ1970.18。

ドイツのDAX指数は96.41ポイント(2.5%)高の3942.62。 HDAX指数は47.35ポイント(2.5%)上げ1968.51。

フランスのCAC40指数は47.92ポイント(1.8%)上昇し

2744.84で終了した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE