1月米製造業耐久財受注:前月比5.2%減-6カ月連続マイナス(2)

米商務省が26日に発表した1月 の米製造業耐久財受注額は前月比5.2%減少。減少率はブルームバー グ・ニュースがまとめたエコノミスト予想中央値(2.5%減)の2倍以 上になった。

前月比マイナスは同統計開始以来で最長の6カ月連続。1月の耐久 財受注額は1638億ドルと、2002年12月以来の最低。前月は4.6%減 (速報値2.6%減)に下方修正された。

変動の大きい輸送用機器を除く受注は2.5%減。市場予想は2.2% 減だった。輸送機器の受注は13.5%減。自動車・同部品は前月と同じ

6.4%の減少だった。

設備投資の先行指標となる航空機を除く非国防資本財受注は1月 に5.4%減。前月は5.8%の減少だった。国内総生産(GDP)の算出 に使用される同項目の出荷は6.6%減少した。

バークレイズ・キャピタルの米経済調査共同責任者のイーサン・ ハリス氏は「景気への信頼感が大きく失われている。消費者は高額商品 の購入意欲を失っている。米国のリセッション(景気後退)はまだ受注 が大幅に減少する段階にある」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE