2月のドイツ失業者数:4万人増の331万人-失業率7.9%(2)

ドイツ連邦雇用庁が26日発表し た2月の雇用統計によると、同国の失業者数(季節調節済み)は前月 比4万人増加し331万人となった。失業者の増加は4カ月連続。輸出 の落ち込みやリセッション(景気後退)深刻化の影響で、企業は生産 や雇用を削減している。

ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト31人の予想 中央値では6万人増と見込まれていた。2月の失業率(同)は7.9% と、前月の7.8%から上昇した。

ドイツ銀行のエコノミスト、シュテファン・ビールマイヤー氏は、 23日のインタビューで、「雇用市場の先行きはかなり気掛かりだ」と し、「実際の状況はかなり悪いが、現在は労働時間が短縮されているた め、その事実がゆがめられている」と指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE