スペインのテレフォニカ:10-12月は89%増益-中南米が好調

欧州2位の電話会社、スペインのテ レフォニカが26日発表した2008年10-12月(第4四半期)決算は、 純利益が前年同期比89%増となった。中南米事業が増益に寄与した。

同社が当局に提出した資料によれば、純利益は20億ユーロと、前 年同期の10億6000万ユーロから大きく増加。アナリスト調査では19 億8000万ユーロと見込まれていた。売上高は2.6%増の148億ユーロ。 アナリスト予想は146億6000万ユーロ。

テレフォニカは、景気が低迷している欧州事業が不振で、中南米市 場を通じた成長を目指している。利払い・税引き・減価償却・償却控除 前の営業利益は58億9000万ユーロと、前年同期の45億8000万ユーロ を上回った。アナリスト予想は55億8000万ユーロだった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE